sunny

*sunny* ゆったり地球と1つに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初雪

お久しぶりです。
ちゃんと、書こう書こうとしながらも
やっぱり1記事坊主(´`;)


今日は初雪が降ったのでご報告。
昨日の朝からきめ細かい粉雪が降り続き
今朝にはこんな感じでした。


あー・・ドイツももう冬です。
冬支度がまだ整っていませんでした。


A6Rti03CcAA4oTG.jpg

スポンサーサイト

フランス2日目


すっかり忘れ去られたかのようなパリ旅行の続きです。
実は今週末にJAPAN EXPO目当てでまたパリに行くので
慌ててかくしだいです(^^;)







****

2日目はあいにくの曇りでしたが、今日の目的地は
モン・サン・ミシェル!!
これがまぁー日本人の発音じゃフランス人に通じず
友達に何回も練習チェックをしてもらったけど難しかった。


ドイツでHISのツアーに予約を入れました。
朝の6時にパレロワイヤルに集合し、バスで向かいます。
途中、小さな村に寄りながら3時間のコース。
日本人ガイドさんがつき車内はずっとお話・・・・なんだか久々に聞く
日本語が3時間も続くと、開放してくれ~~~!ってくらい
疲れましたが、あるのとないのじゃやっぱり違いますね。『へぇー!』ってよく言っていました。

fr1.jpg

本当に小さな村でリンゴが名産の村とあって
リンゴのお酒カルバトスやドイツ人が聴いたら怒りそうな
リンゴのビールなんかがおいてあります。一見凄く自由が丘。
観光で・・・もってるんだろうなぁ・・なんてちょっとせつなくなったり。


fr2.jpg

また車を走らせ、モンサンミシェル対岸のレストランで
お昼付デザートありです。
うわさのもっこもこのオムレツ。
正直、生卵食べてるような感じ。豆ちゃん食べず、わたしもうぇっぷ。
大学卒業前に一人で旅行といった感じの学生さんたちと
パリの情報交換をしつつ食べきる。若いッ。

fr3.jpg

はいきたどーん。
曇りー!凄く曇りな上の工事中ー!
わたし達がいった4月1日は車がモンサンミシェル前まで入っていける
最後の日でした。2日からは島を繋ぐ手前の道路が工事でなくなります。
コレがうわさのラピュタのモデルか・・。


fr7.jpg

中心に行くまではお土産屋さんロード。
なんだか昔の渋谷スペイン坂、原宿竹下通りを彷彿とさせるようなお土産ロード。
そこをわきめもふらずに小道をはいればルパンが屋根伝いを逃げていきそうな
家が入り組んだ迷路があります。あぁ、ハウルの最初の場面みたい。


fr4.jpg


さてさて、中心へ。
ドイツのお城や教会と違って白ぽくて質素な感じ。修道院だから?
ドラクエよりはFF。

fr5.jpg

採光のバランスがとてもキレイで
明と暗の表現がフランスはやっぱりキレイ。

島の中を2時間ほどぐるぐるして帰路につきます。
お土産にベタなガレットを買って。
日本人多いんでしょうね、フランス人の店員さんに
『お会計はあちらです』と日本語でいわれてしまった。


すっかり日は落ちてエッフェル塔、凱旋門と通って

fr6.jpg

出発地点のパレロワイヤルに戻りました。
夕飯はぐったりしながらもレストランをさがして・・
海鮮海鮮。フィッシュタルタルに舌平目のソテーにムール貝のワイン蒸しバター
その他もろもろ。そうとう疲れていたのか使える写真ありません!(苦笑)

21時以降はやっぱり雰囲気がこわいのいそいそホテルへ。




3日目へ続く・・。(ハズッ!









***

明日は新しくアウクスにいらした奥さんと
市内探検です。
可愛い女の子2人連れ(´エ`* )
お会いするのは2回目・・はてさてお嬢様sは覚えていてくれてるかしら・・。
とーってもさっくりした奥様でとても嬉しいです!
やっとキリンさんの部署にファミリー駐在です。
独身男子ばかりで、飲み会があればゲームの話しばかりしてましたが
華が着ましたねー♪♪


閑話休題




パリ日記もケルンも書かずして何をしてるかって・・
もう、英語の特訓です(つx;`)
ドイツ語じゃなくて、なんで英語かって
豆ちゃんが通っているのはインターナショナルスクールで
基本は英語なのですが、まーーーーーーーーーーーーーったく
中高6年間+短大の2年間の英語教育なんか
微塵も感じさせないくらいにスキルがなく毎日校内を
右往左往のわたしなので、学校で英語を教えている先生が主催の
英語学習グループに突撃しているのですが。。
たんまり宿題でます。。
もうそれで手いっぱい(^ω^)
最近、レベル的にワンランク上のクラスと合併したので
さらに授業内容が『???』。毎日翻訳機といちゃいちゃしています。


でも、ドイツ語。
あきらめてないんですよ。
ベルリッツに近いうちに見学に行ってきます(・v・)





・・・そして、虫歯がどうも出来てしまったので
まさかのドイツで歯医者に突撃します。
ちなみに現在、英語のできる歯医者さんにメールで予約の問い合わせをしたのですが
返信が着ません!!!!!!!!!!
医者は話せても、受付のおばちゃんはドイツ語ですよね。わかります。無視のつもりなのが。
でも、きっとネタになりそうなので突撃した際はレポします!





***


今日はフランス人の友達の家に
ココナッツケーキの作り方を習いに行ってきました。
年齢は20ちかく上だけれど
きっと、わたしも20年後にはこうなるんじゃっていうくらい
趣味はよく似ていて、考え方もとても近い彼女。
お互い不慣れな英語で(彼女の方がうまいけど!)自分の今のこと
これからのこと、これしたいあれしたい、これはどう?
自分の国はなんて話を久しぶりに4時間近くしました。
フランス語もちょっぴり教わったけれど・・・わたしドイツ駐在でよかったって思えるくらい
ブレスの発音が難しくて、いまだに『さようなら』って言えません。

彼女とは子供同士が仲いいとかそういうのはありません
本当に、普通に繋がって友達になったのです。


それとは逆に・・。




今現在、旦那さんの同僚の奥様から
ちょこちょこメールをいただいています。
積もる話も、旦那に通じない愚痴も沢山おありなのでしょう。
色々お話しする中で『ママ友』って単語がありました。


思えば、この国に来てママ友って感じないなぁなんて思いました。
わたし自身ママ友という関係が凄く苦手です。
どうして?って言われると説明は難しいけれど
子どもが友達になったきっかけのひとつにすぎないかもしれませんが
子ども同士が友達だから、わたし達も友達!とか
同じ幼稚園だから友達!みたいな・・・・・・・・・・・・
そのために、彼女らに合わせて流行のドラマをみたり
子どもの居ない間にお茶したり、というのが・・どうも性に合わなくて
この括りが苦手だったのです。(只の偏見かも・・。)
出産も早かったので、周りはざっと10は上の人ばっかりだったしね・・。
気を使っていただいていたのに、超人見知りだし、申し訳なかったな。




けれど、この国ではそんなようなものもなく
『あなた英語クラスでみたわ!』『スーパーのアレがおいしいらしいんだけど知ってる?』とか
そんなきっかけで知り合った女性ばかりです。
なので、ママ友できたーって紹介じゃないんですよね
友達できたーって自分の母親に言ったら笑われました。
それだけで、今はお迎えに行くのが気楽です。
日本ではこそこそ時間をずらしてお迎え行ってたりもしました。


きっと、言葉のニュアンスが日本語と違って汲み取れてないだけかもしれないけれど
良いものは良い、悪いものは悪い
と、はっきり言うからかもしれません。
ねーねーねー、って同調ばかりじゃなくて。
それが凄く気持ちいいです。
自分は豆ちゃんのママっていうステータスは持っているけど
『豆ちゃんママ』って名前ではないんですよね。
『ちぃ』って一人の女扱いは、きっと大事だと思います。







フランス 1日目(3/31)



ご無沙汰しております(・v・`;;)
イースター休暇はフランス行ってきました。

ICE、TGVを使って2泊3日パリのたびです。

朝の5時頃から電車に乗りおおよそ5時間強で到着。
パリ中心部をぐるぐると大きな荷物を抱えて歩き回りました。
Deisny映画の『ノートルダムの鐘』を映画館で観てから
あこがれていた場所ですが、意外と概観はこじんまり。
それでも中は暗さの中に煌びやかさもあってステキでした。

のーとる

not.jpg


そこからエッフェル塔までえっさか歩いて
歩きながらも寄り道をしつつ、funwari + funwari in ドイツのmako+さんが
紹介していらした*Aesopでハンドクリームを購入。
自然な香りで、豆ちゃんも好きです。
パリは本当に小さくて可愛いお店がそこらじゅうにあって
歩くのがとても楽しいです。自由が丘を歩いていいる感じに近いかも。ドイツにはないんだよなぁ・・。

ケーキもドイツと違って可愛いサイズ!(日本のケーキの大きさです(笑)

cake.jpg

どれもキレイで美味しそうで、全部食べたいけど選ぶのが大変!
ドイツだと、食べられるのはどれだろう・・から選ぶんです。



***




お昼はバケットのサンドイッチをもしゃもしゃ食べて。
ドイツと違って茹で鶏とレタス・トマトにマスタードマヨにハーブ。
さっぱりしていて美味しい!

sand.jpg

またぐんぐん歩いてエッフェル塔。

eff.jpg



夕方の16時頃なのですがまだまだ長蛇の列で
残念ながらエッフェル塔の中には入りませんでした。
エレベーターが壊れてたみたい。
シャンゼリゼ大通を歩いて、パレ・ロワイヤスを過ぎ
てくてくてくてくてくてくてくてく・・・・。
土地勘の無い状態で歩くのは本当に疲れる!
途中寝てしまったりもあったけれど
ちゃんとついてくる豆ちゃんえらかったなぁ。


***



ホテルはルーブルの近くの長期滞在用ホテル。
(気がつかず予約いれちゃったんですよね・・)
とってもキレイで、キッチンもついているし次もココの予定で♪

お夕飯は近くのビストロ。
パリのご飯事情はとっても疎いですが
歩き回っていると、カフェはとても多いのですが
夜食べられるようなのはイタリアンかハンバーガーくらいしかない
カフェタイプ。バー。予約の要る高級レストラン・・といった感じなのでしょうか。
歩いた場所が悪いのか、なかなか子連れで食べにいけるお店がありませんでした。
入ったビストロは店員さんも優しくて丁寧でとても良かったです。

pate_20120513205942.jpg  onion.jpg

前菜はポークパテとオニオンスープをチョイスして
メインはお肉とお魚にしました。
デザートはクリームブリュレ。一皿ごとの量もまずまず食べきれる量で
ドイツほど、もう限界無理!!っていう量じゃないので美味しく食べられました(^^


21時頃ホテルでゆったりできましたが
昼間に歩いた距離は8kmくらい・・?
かなり歩いたので3人共脚が棒のよう。
早々就寝しました。



花粉症>>Heuschnupfen




おひさしぶりです(゜ω゜; )
こんなに書いていない間にも
来てくださった方がいらして感謝感謝です!

この、書いていない間に年末はケルンへ旅行。
はじめてのドイツ大晦日なんかを経験しました・・。
それは、それでちゃんと残したいので
改めて書かせてもらいます。

今日書きたいのは『花粉症』!!


日本ではおそらくスギ花粉症だったわたしですが
4月の頭にドイツにきて、あまりに快適な春だったので
花粉症のことなどすっかり忘れていました。
・・・・ところが、週末から気温が上がり雪が少し溶け出したとたん
くしゅん・・ぐしゅぶふぇぇっくしょん!!!!じゅるじゅる・・。
酷いくしゃみと鼻水、涙目・・・こ、これは・・・!!!と、思って
ぐぐりました。こんなときインターネットって素晴らしいですね。





地球の歩き方より抜粋→*

2~4月に飛散が始まるハンノキ、ヘーゼルナッツ、
シラカバ、芝生などで、その後、夏場には松、菩提樹、樫、ライ麦が続き、さらに
晩夏から秋口にかけてはオオバコ、イラクサ、ヨモギ
特にイネ科の草(Gräser)とシラカバ(Birke)が多い様子。

<主な対処法>

*在宅時、車の運転時などは、極力窓を閉める。
*自宅の換気をする際は、花粉飛散の少ない時間帯を選ぶこと。都心部なら
早朝6~8時、郊外であれば夜7時以降が理想。
*車には花粉フィルター(1~2年ごとに交換すること)を取り付ける。
*特殊フィルター付きの掃除機を使い、(掃除機の)ごみ袋も2週間に一度は
取り替える。もっと良いのは、花粉症ではない家族に掃除を頼み、
自分は掃除に関わらないこと。


*激しい運動は避けること。呼吸が荒く、深くなるほど、花粉吸入量も増えるため。
*温暖で湿度の高い日、また、風の強い日は、花粉飛散が増加するので、外出を避ける。
*メガネ使用者は、レンズだけでなく、フレームもマメに流水で洗うこと。
*毎晩就寝前にぬるま湯で洗髪することで、日中についた花粉の大半は除去できる。
なお、洗髪前には髪をブラッシングしない方が効果的である。
*日中に着用した服を、寝室にかけた(置いた)ままで眠らないこと。草地や森林
のみならず、都心部のみを行動した日でも、花粉は衣服にまとわりついているはず。


*花粉の飛散しそうな時期にバカンスを取る。高地、海辺、砂漠地帯など、
花粉と縁の少なそうな旅行先を選ぶのが良い。


最後!!最後!!!
なんともドイツらしいなぁ~なんて思いました。
2日くらいは、家の中を締め切って掃除をしたり
家の中だけマスクをしたりしていたのですが
もぉ鼻のむずがゆさが辛くて、アポテケに行ってきました。
毎度おなじみDr.クラウソラスの元気なおばちゃんのところで
メモをみせつつ辛いんだーっとアピールして出てきたのはコレ。

med.jpg

子どももOKのようです。タブレットで1日1錠とのこと。
明日から始めますよっ。

キャプチャ

あまりの辛さに買ったティッシュ。
日本のポケットティッシュと違って
入っているのはペーパーナプキンみたいな分厚いもので
ドイツの皆さん何回も使ってはくしゃっとして
ポケットに入れてだいじに使ってらっしゃるくらい
分厚いもので、これはティツリーのような香りがして
呼吸を楽にしてくれるオイル入りーなんて
書いてありました(超意訳)
キリンさん曰く『耳鼻科の匂いだこりゃ・・・』ですが
わたしは結構気に入っています。口元に当ててすーはーするだけで
なんかすっきりするような(・v・*



何で書きたかったかと申しますとー。
わたしの検索方法が悪いのか
ドイツ語で花粉症あれこれが
なかなかヒットしなかったので、自分用にもまとめたいなあと思ったのです。
以下に諸症状のドイツ語を載せてしめます。


花粉症 Heuschnupfen、Pollinose
切れないくしゃみ häufiges Niesen
鼻水が止まらない die Nase läuft ständig
涙が出て、目が痒い die Augen tränen und jucken
ハウスダストのアレルギー Hausstaub-Allergie
季節性のアレルギー性鼻炎 saisonale allergische Rhinitis
動物の毛 Tierhaare
シラカバの花粉 Birkenpollen



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。